まれ 149話 圭太と博之との不仲解消

まれの149話は、父と息子の仲の変化を中心にドラマが進みます。父・徹をわかろうとしなかった事、失踪を引き止めなかった事を悔やむ一徹。

一徹の思いが圭太の心を動かす。自分も父・博之との仲を取り戻すには潮時だと思ったのだ。そして圭太は自分から父へ近づくいて行くのだった。

一徹が徹を捜しに埼玉へ

一徹は母・藍子に、大輔から父の消息を聞いたことを話す。藍子は捜しに行こうとするが、徹が失踪するとき引き止めなかったこと、もっと父のことを分かろうしなかった負い目から、自分に捜させてほしいと一徹は頼むのであった。

徹が埼玉へ出かけたあと、台所にいた藍子は、徹が生きていた安堵からか、水道の水を流したまま、その場に座り込んでしまった。

徹が生きていたことを知った藍子は、静かに泣き崩れる。

圭太が博之と不仲解消に動く

一週間後、圭太の父・博之が市長に当選した。 みのりは電話で圭太に、夫の一徹が父との仲を取り戻す時間に間に合ったと言っていたことを伝える。

一徹の話を聞いた圭太は、自分もまた父・博之との仲を取り戻すのは今しかないと思った。そして、市長当選の祝勝会へ出向き、父・博之に輪島市長当選の祝辞を述べた。それを聞いた博之から酌を受けることになった圭太だった。

その姿に、圭太の母・直美は涙し、四代目弥太郎のかおるも嬉しそうに微笑んでいた。長い父と息子のわだかまりが消えた瞬間であった。

仲直りした圭太と博之が、まれは羨ましかった。何も連絡がない徹が、もう帰ってこないと思っていたからだ。

そして、店をやれと言っては消えたり、希という名前をつけては、夢が嫌いになるような事ばかりしてきた父のことを話す。

しかし圭太は、今までまれが夢嫌いだと思ったことはなく、誰よりも熱い心を持っていると感じていたと言う。反対に、まれは夢をまっすぐ追いかけている圭太の背中に、ついて行きたかったことを打ち明けるのだった。

【自分のケーキが見えた希】

『いい器は、最後は作り手の中身なんだな。自分をさらけ出して、器に込める。それが人を動かすんだ。』

圭太の言葉を聞いたまれに、昔のシーンが蘇ってくる。徹と自分の誕生日、能登に来たころ、圭太と再開した祭り、横浜でのパティシエ修行、自分の店のオープン、双子の出産・・・

そして、自分のケーキの形が見えた瞬間であった。

埼玉から戻った一徹の徹に関する報告

徹を捜しに埼玉へ行っていた一徹が能登に戻ってきた。一徹は何の手がかりもなかったことを話した。そして派遣会社に勤めていたころも、自分についてまわりに語ることはなく、いつも安い定食屋で一人で飯を食べていたことを聞いたのだった。

藍子は、生きているとわかっただけでも良かったと自分を納得させるように言ったが、一徹はまだ手があると捜索を継続する意欲を見せていた。

まれ 149話のまとめ・感想

今回は、津村家と紺谷家の父と息子の仲の話。どこの父子にも見られる光景です。親だからとか子だからとかの問題じゃなくて、男のプライドなんでしょうか、どうしても言えないんですよね。

まずは、紺谷家親子の仲なおりができましたね。あんな頑固なオヤジが、サラッと圭太の祝福を受け入れたのが何だか違和感があって、納得できていませんが、市長に当選してご機嫌だったから上手くいったことにしておきましょう。

問題は、津村家の方ですね。まあ、そっちの方も上手くいくんでしょうが・・・

≪ まれ 148話 | まれ 150話 ≫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする