まれ 141話 陶子との実力差を見せつけられる!!

まれ

それでは、朝ドラ「まれ」141話のあらすじをご紹介します!

パティシエ・コンクールの審査員で、昔の先輩だったTOKO(矢野陶子)は、まれの店に行き、「独自の味」を教えるため、自らマルジョレーヌを作ってみせます。それを食べたまれは、自分とTOKOの間にとてつもない差を感じてしまうのでした。

あらすじ まれに実力と現実をみせつける陶子

コンクール終了後、まれは思わずTOKOに駆け寄り、どこがダメだったのか問いかけます。するとTOKOは、個別のアドバイスはしないと言いながらも、まれに店まで自分を案内させるのでした。

そして、まれの店で今回出品したマルジョレーヌの作り方を聞き、まれがルセット(レシピ)を見ただけで、実際に作って確かめたものでないことを知ると、TOKOはまれから厨房を借り、マルジョレーヌを作り始めます。

TOKOが作ったマルジョレーヌを口にしたまれは、その実力の差に固まります。

そしてTOKOは、横浜から離れてからの8年間、何をやってきたのかと、疑問をぶつけます。さらに昔のまれなら、自分で作って確かめていたこと、新しい味への好奇心も向上心もないことを突きつけるのでした。

またTOKOは、女の幸せを手に入れたし、自分の店も持ったのだから、これで良いのでは?と皮肉めいたことも・・・。

人生のすべてお菓子につぎ込んできた自分のこと、女の幸せと仕事の両方を手に入れようしているまれの甘さをを突きつけてTOKOは、まれの店を去って行きました。TOKOの言葉に終始、言い訳もできないまれでした。

出店の日、様子がおかしいまれ。突然、ケーキを選んでいるお客に対して、ケーキは売れないと理由もなしに追い返してしまいます。厨房に入ったまれは、自分が作ったケーキの至らなさに涙するのでした。

家に帰ってきたまれ。一生懸命に相撲大会の練習をする子供たちに触発され、またコンクールに挑戦することを決意するのでした。

謎の女・マキの正体が徐々に明るみに

さて前回から、展開がはじまった、はるの美容院で働くマキの話から。

突然、マキの携帯に一子からの電話が入ります。どうやら能登の連絡網で、マキが結婚を断った事が、一子に伝わったようです。

そしてこの結婚が最後のチャンスじゃないのかと、謎めいたことを口にする一子。

これをきっかけに、二人の会話は、マキが東京に居たころの話へ移っていきます。

昔マキが『男と東京、両方は無理』と言っていたこと、マキが歌手を目指していたことなど。

会話が、立ち入った内容になってきたと感じた一子は、自分から話を切り上げようとしたのですが、マキの方から「別に聞いてもいいよ」と意外な答えが帰ってきたのでした。

そしてマキから「話そうか?」と聞かれ、思わず「うん」と答える一子でした。

まれ 第141回のまとめと感想

TOKOの言葉に、一言も言い返せなかったまれ。恐らく、TOKOの言葉に視聴者のみなさんも「よくぞ言ってくれた!」と思った人も多かったのではないでしょうか?

おかしな話ですが、横浜時代のまれに辛く当たる陶子(TOKO)に、腹立たしさを覚えたこともありましたが、今は逆になってしまいました。

パティシエとして、それだけ陶子が頑張ってきたこと、それに反して、まれの考えが甘いことが理由だと思います。

さて、まれはそれを拭えるだけの挽回ができるでしょうか?その後を楽しみにしたいと思います。

≪ まれ 140話 | まれ 142話 ≫

≪ ブラックまれ 第140話 | ブラックまれ 第142話 ≫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする