まれ 137話 匠をかばい子供たちが一致団結

朝ドラ「まれ」の第137話(第23週)のあらすじでは、匠が行方不明になります。能登中の大人たちで捜索するも見つかりません。

とうとう警察に届ける決心をしたまれですが、文は匠と最後まで一緒にいた子供たちに、もう一度問いただします。

すると、この一件はどうやら漆をやりたくないという匠をかばうための子供たちの自作自演だったのです。

匠が行方不明になる

まれの双子の兄・匠(たくみ)が行方不明になりました。能登中の大人たちが一斉に捜索をはじめます。

徹志の母みのりが、匠と最後にいた子供たちに聞くと、下校で家までは一緒だったと言います。一日探しても見つからず、日も傾きだしたころ、まれはとうとう警察に届ける決心をします。

しかし、子供たちの様子から何か隠していると感じた文は、警察に行くと大事になるぞと言い、匠の居場所を知っているのなら、今のうちだぞと言ってきかせます。

すると、観念した徹志は歩美に、ここまでだと言い降参する素振りを見せます。しかし、歩美のほうは抵抗をやめません。しかし、あくまでも隠し通そうと、思わず匠のいる地袋(収納)の戸の前に走って行き仁王立ちしてしまいます。

ようやく匠の居場所がわかったまれたちでしたが、歩美は一向にどこうとはしません。じれた洋一郎が、力尽くでどかそうとしますが、思わぬ歩美の抵抗に遭い、反対に撃沈されてしまいます。

必死に隠そうとする歩美に、まれは、怒らないという約束で、やっと隠れ場所から匠を出すことができました。

匠の隠れた理由に圭太が落ち込む

まれは、匠から学校で「巨匠」やら「弥太郎」やらと、からかわれ、いじめにあっていたことを知ります。そして隠れた本当の理由が、漆をやりたくないことだと知ります。

匠に稼業の塗師屋を継がせたい圭太は、その理由を聞いて落ち込みますが、匠に謝り、漆塗りを一旦諦めることしました。

そして、まれも漆塗りはやらなくてもいいと優しく言うのですが、なぜか匠の顔に笑顔が見られません。

そんな匠に対して、まれは歩美とは反対に何でも控えめの匠を、どうしたらいいのかわからず戸惑うのでした。

匠のしたいことが見つからない本当の理由

そんなある日、まれは匠にクッキーの型抜きを積極的にやらせてみることにしました。

妹の歩美にもやろうと誘われた匠は、星形の型を選んで型抜きをしてみることに。するとにっこり笑顔を見せる匠に一安心のまれ。

今までの心配も考えすぎかと思ったまれでしたが、匠が材料の入ったボウルを床に落とした瞬間「もういいわ。ボク失敗するさけ・・・」と思わず言葉をこぼすのを聞いてしまうのでした。

そう匠はやりたい事がないのではなく、失敗が怖くてしたいことが見つからないのでした。

まれ あらすじ23週137回 まとめ・感想

匠が行方不明になった理由は、やっぱりというものでしたね。しかしなぜ人というのは、大人になると自分の夢を子供に託そうとするのでしょうかね。圭太は、自分の好きなこと=漆職人だったから良いものの、匠の場合は違いますから完全に圭太の独りよがりです。

しかしもっと申告なことは、匠が失敗が怖くてしたいことが見つからないということです。似てる言葉で無敗がありますが、無敗と失敗は全く別の意味で、子供たちには人は失敗しないと成長しないという事こそ常識だと教えてあげてほしいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする