黒まれ 144話 バイトの沙耶を残してコンクールをドタキャン!!

また、まれが144話でやらかしちゃったよ。
今度は、バイトの沙耶を店に残して、二度目のコンクールをドタキャンしてしまうのよ。あんたの世界一は、そんなものだったのかい?

今回も黒まれ(ブラックまれ)を見ていくよ~。

まれが世界一をかけたコンクールをドタキャン!!

オイオイ、あんたね~。1回目のコンクールで陶子さんに、能登での8年間を問われ、自分の至らなさに、二度目のコンクールに挑戦したんじゃないの?

それを、何も告げずバイトの沙耶ちゃんを一人残して、店を飛び出してしまうなんて最低だよ。あんたの世界一は、そんなもんだったのかい?

それに沙耶ちゃん。あんたもね~、いくら雇われの身だからといって、怒っていいときは怒っていいんだよ。世の中見渡したって、こんなヒドイ雇い主なんて滅多にいないんだから!

良くついていっているよ、あんたも。神様さ~、何にか沙耶ちゃんに幸福を与えてあげてよね~。ホントかわいそうになるよ。

とにかく、世界一を目指すって言うからさ~、周りの人も協力してるんだから、その人達のことも考えてあげてよ。

まれが店に戻らず、沙耶を残したまま家でマッタリ?

それと、どう見てもドラマの流れからして、子供たちの応援のあと、店に戻らず家で祝勝会してないかった?

大会が終わったら、真っ先に店に戻って、沙耶にあやまるでしょ?ふつう・・・それを翌日、圭太と店にやってきて、お片づけして、沙耶が店にやってきてから謝ってたよね?目茶苦茶、沙耶がかわいそすぎるよ~

今のあんたがいるのは、かなりの部分、沙耶が貢献しているところがあるんだから、感謝しなよ、まれ。

沙耶にビッグチャンス!能登に池畑大悟が来る

番組終了間際に、まれの店にやってきた池畑大悟・・・。

沙耶、あんたチャンスだよ。確か、池畑大悟がテレビ出演した料理対決を見て、大好きになったって言ってたよね。

まれとは反対に、池畑大悟はフランス修行もしてるし、数々のコンクールにも優勝、横浜には有名な洋菓子店を出している。日頃、まれのイジメに耐え抜いている神様からのプレゼントだよ。

(まあ、このオッサンも変だから、まれに輪をかけて、手を焼くかもしんないけどさ。)

もちろん大悟は、まれのために能登に来たわけだけど、その用事が済んだら、大悟に頼み込んで弟子にしてもらいな!こんなチャンス滅多にないよ!

あんた、絶対にこのチャンス逃すんじゃないよ!

「黒まれ」とは?

黒まれ(ブラックまれ)とは、朝ドラ「まれ」のドラマの中で、ヒドイ!とか、現実の世界であれば、あり得ない!という場面の裏側を勝手に妄想して、面白おかしく脚本したものです。

なので、本当のドラマのストーリーとは、一切関係がありません。また登場人物を批評する目的で書いてもいませんので、予めご了承ください。

なお、文章を「ちびまる子ちゃん」のまる子の語り口調で読んでいただけると幸いです。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

≪ 黒まれ 143話 | 黒まれ 145話 ≫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする