まれ 歩美が匠をかばい洋一郎に爪を立てる演技が最高!!

匠が行方不明になりました。一日かけて捜索するも見つかりません。あとは警察に届けるしかないと決断したとき、今一度子供たちに、匠の居場所を知らないか問いただします。

すると、徹志は観念しますが、歩美は匠が隠れている場所の前で抵抗を続けます。それにじれた洋一郎が歩美をどかそうとすると、思わぬ反撃を受けてしまうのでした。

まれ 22週第137回のあらすじ

朝ドラ「まれ」の22週第137回の見どころは、何と言っても歩美が匠をかばい洋一郎に抵抗する場面です。
匠は、父・圭太にやりたくもない漆の練習をさせられ、嫌になって行方不明になってしまいます。

能登中の大人たちが日が傾くまで捜索するも見つかりません。

とうとう警察に捜索願いを出そうとしたとき、子供たちの異変に気づいていた文が、もう一度子供たちに匠の居場所を本当に知らないか問いただします。

すると徹志は歩美に、もうここまでだ言って観念しますが、歩美は匠の居場所を教えようとはしなかったのです。

匠をかばい洋一郎に立ち向かう歩美

匠の居場所を教えて!と言われた歩美は、『嫌や!』と言いながら、自ら匠が隠れている戸棚の前で仁王立ちなり、自ら匠が隠れている場所を明かしてしまいます。

大人たちから、その場所からどいてと、お願いされるも抵抗する歩美。

なかでも、しびれを切らした洋一郎は、力尽くで歩美をどかそうとしますが、思わぬ抵抗に合います。
顔面めがけて、グーでパンチを食らったり、両手の爪で引っかかれたり。

歩美のあまりの反撃に、体格の大きい洋一郎も思わず倒れてしまうのでした。

歩美が洋一郎の顔に爪を立てる演技が最高!!

匠の居場所を教えて!と言われた歩美が『嫌や!』と言いながら、匠が隠れている場所に駆け寄ってしまう場面は、思わず笑ってしまいましたね。

多分、同じ演技を大人がやったとしたら、ここまで笑えなかったと思います。子供の演技には不思議な力があるようです。

さらに笑えたのが、洋一郎への抵抗です。グーで洋一郎を叩くパンチは演技だとわかります。

しかし、さらに抵抗する歩美が次に抵抗した手段が、両手の爪で洋一郎の顔面をおでこからアゴまで、容赦なく引っ掻いたのを見たときは、思わず笑ってしまいました。

洋一郎を引っかく歩美2洋一郎を引っかく歩美1

あれは演技ではないですね。何か女の本能のようなものを感じました(笑)

女の子がいるご家庭のお父さん。お子さんが駄々をこねている場合は、爪による引っ掻き攻撃にはご注意ください。

子供たちの中でもガキ大将的存在の歩美。これからも是非大暴れして欲しいです(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする