朝ドラ「あさが来た」4話 はつの許嫁・惣兵衛の初対面

「あさが来た」の4話あらすじと感想です。

はつが嫁ぎ先の山王寺屋にやって来ました。しかし初めて合う許嫁の惣兵衛の冷たい態度に、はつは不安を覚えます。そして、今日に戻ったはつは、嫁ぎたくないのに、どうにもならない状況に涙し、はじめて流す姉の涙にはつも一緒になって泣いてしまうのでした。

はつの許嫁との初対面

惣兵衛・あさが来た

あさ達は、はつの嫁ぎ先となる山王寺屋に来ていました。

山王寺屋からは、主人の眉山栄達、妻の菊、そしてはつの許嫁・惣兵衛の三人。菊は山王寺屋の自慢話ばかりで、惣兵衛は終始笑わず、貧乏ゆすりをするような人物でした。

そんな場で暇だったあさは、家に入り込んだ蟻を見つけ、捕まえようとしますが足がしびれて、惣兵衛の目の前で転んでしまいます。

忠興はあさを怒鳴りつけますが、梅とはつは急いであさを起こそうとします。その様子を見ても、惣兵衛は手も貸しませんでした。

五代才助との再会

はつが琴を披露している中、一人のお侍が山王寺屋にやって来ます。

先日、あさと道でぶつかった薩摩藩士・五代才助でした。上海で買い付けた船の代金の用立てをお願いするためでした。

しかし惣兵衛は、幕府に御用金を収めたばかりで蔵にお金がないと、うそぶいて五代に引き取ってもらいました。惣兵衛は、薩摩にお金を貸したくなかったのです。

才助の決意

才助は飲み屋で、同藩士の大久保一蔵(のちの大久保利通)と呑んでいました。

山王寺屋からお金が借りられなかったことに腹を立てていた才助は、一蔵に向かって大阪商人などイギリスとの交易が始まったら潰してやると息巻きます。

しかし一蔵から「銭があれば天下人、今日の俺は下人だ」と言われ、今の自分らの弱い立場を、ずばり言われてしまうのでした。

はつとあさの涙

京都に戻った、はつは夜眠れませんでした。一回も笑わず、あさが倒れても手も貸さなかった惣兵衛が、冷たい人と思ったからです。

今まで強がっていたはつですが、涙してしまいます。やっぱり大阪に行きたくないのです。でもどうにも出来ないはつは、涙が止まりません。

姉の涙をはじめて見たあさも、一緒に泣いてしまうのでした。

あさが来た 4話の感想

好きでもない人に嫁がなければいけない、はつの気持ちをはじめて聞いて、胸が痛くなりました。そういう時代だったからといって、その時代の女性が平気だったわけじゃないわけですよね。

是非この先、はつがほかの良い人と結婚するか、惣兵衛が良い人に変わっていくことに期待したいと思います。

≪ あさが来た 3話 | あさが来た 5話 ≫

≪ あさが来た 第1週 小さな許嫁

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする