朝ドラ「あさが来た」3話 あさとはつが初めての大阪へ

「あさが来た」の3話あらすじと感想です。

あさとはつは父・忠興に呼び出され、一緒に大阪へ行くことを告げられます。各々の許嫁にあいさつをしに行くためです。 姉のはつは、山王寺屋の惣兵衛に会ったことがありませんでした。

お武家様に追いかけられる、あさ

五代才助(ディーン・フジオカ)

大阪・中之島についたあさ達。あさは、たくさんの人で賑わう街に心躍らせるあさに対し、不安そうにするはつ。見るもの全てが初めてのあさは、色々なものが見たくなって、独り走り出してしまうのでした。

そしてあさは、ある一人の若いお武家様(五代才助、のちの五代友厚)とぶつかってしまいます。その侍は「ソーリー」と謝り一旦は去るものの、一転あさを追い掛けてきたのです!

ワケが分からず、あさはその場を逃げ出しました。かけっこの得意なあさでしたが行き止まりに遭い、侍につかまってしまいます。

その侍は、あさの着物のあちこちを探し回り、袖の中に入っていたピストルを見つけると、そのままスタスタと去っていこうとしのです。

あさは、侍に、説明せずに立ち去るのが、日本男子のすることですかと、文句を言ってしまいます。

しかし意外にもその侍は、あさの言葉は最もな言い分だと、反対に謝罪して来たのだった。その後は、先を急いでいたのか、なかなか楽しかったぞと言い残して、立ち去ってしまいました。

つかの間の冒険を楽しんだあさのもとに、父・忠興が怒鳴りながらやって来た。これから、あさの嫁ぎ先となる加野屋に行くのです。

嫁ぎ先の加野屋に来た、あさ

加野屋の店先では、新次郎の母・白岡よのと中番頭の亀助が、首を長くして、あさの到着を待っていました。

応接間では、加野屋主人の正吉、その妻のよの、長男で跡取りの正太郎、末の弟の榮三郎が、あさ達を出迎えました。

固くなっていたあさに、正吉は「新次郎は分家に出した身だから、気を楽にしてお嫁に来てくれればいい」と、やさしく語りかけてくれたのでした。

そこへ新次郎が、捨て猫を拾って帰ってきた。新次郎は、あさの存在に気づくと、突然の来訪に喜んで「よく来たね」と快く迎え入れますが、今日はお師匠さんの初会とかで、そそくさとその場を立ち去ってしまったのでした。

この行動に、今度は今井家のほうが呆れてしまい、加野屋を代表して、跡取りの正太郎が謝るはめになってしまったのです。

あさが来た 3話の感想

今回は新しい人物が、たくさん登場して憶えるのに大変でした~。道であさとぶつかったお武家様からはじまり、加野屋の人々など。まあ、最初だからしかたありませんが・・・

お転婆なあさに、遊び人の新次郎。のっけから面白い組み合わせで、どんな夫婦になっていくのか、今から楽しみです。

今回は、一人の若いお侍の五代才助(のちの五代友厚)という新しい人が登場しました。ちょっとしたネタバレですが、この御方は大阪の経済発展に貢献した薩摩藩士だそうです。

こちらも、今後どのようにして、あさと再会するのか楽しみです。

≪ あさが来た 2話 | あさが来た 4話 ≫

≪ あさが来た 第1週 小さな許嫁

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする