あさが来た 94話 遊び人の新次郎が炭坑の社長に‥

朝ドラ『あさが来た』94話のあらすじと感想です。

五代が体を起こすと、新次郎は自分の功績をひけらかすことをしない五代をカッコつけしいだと言いました。すると五代は、それは“ちゃらんぽらん”に見せて、カッコイイところだけ持っていく新次郎の方だと言いました。

【良いかっこしいの二人】

新次郎はそれが、五代が自分を社長にするように、意地悪な入れ知恵をした理由だなと尋ねました。

五代は、主(あるじ)に必要なのは人の話を聞く力だと、あさに助言しただけで、それが自然にできるのが新次郎だと言いました。

すると今度は新次郎が、政治家になれるはずだったのに、人に力を貸したり汚名をかぶるばかりで、自分の銀も財閥も作らなかったと、五代を称えました。

しかし五代は、皆が作った大阪が残ればそれでいいと言うと、新次郎はやっぱりカッコつけやと言いました。

【比翼の鳥】

最後に五代は、あさにこんな姿は見せたくないので、多忙で会えないと、あさに言ってほしいと新次郎に頼みました。

新次郎が、あさには五代がまだ必要だと、必要なのは新次郎の方だと五代は言いました。そして二人は「比翼の鳥」のようであり、あさを内からだけでなく、外からも支えてほしいと訴えるのでした。

【新次郎、社長になる】

新次郎が加野屋に戻ると、あさから手伝うからどうか社長になってほしいと頭を下げられました。すると榮三郎、そして母親のよのまでも新次郎に頭を下げました。

新次郎は嫌がりながらも、皆が明治の世の中を進んでいくてために、自分が必要なら引き受けると答えるのでした。

すると店のみんなは、とうとう働くことになった新次郎を祝って胴上げを始めるのでした。

【不安が的中するあさ】

社長を引き受けた新次郎のもとには、たくさんの資料が届けられ、その山積みにされた資料に新次郎はうんざりしていました。

そんな新次郎の横で、あさは五代を心配し始めると、例えそうだとしても、あさが心配することではないと、新次郎は、余計な心配をさせないようにしました。

しかしあさが美和の店でお茶をしていると、五代の秘書が現れて、明日五代が東京に発ったら、二度と大阪に戻ってくることはないと伝えるのでした。

【あさが来た 94話の感想】

今回の見どころは、やはり遊び人だった新次郎が、社長になることを引き受けたことでしょう。しかしなぜ急に引き受けるようになったのかが分かりません。

以前、五代と飲みに行ったとき、両親やあさに「なぜ働かないのか?」と言われても、胸が痛くならないと言っていました。唯一、娘の千代に言われ、胸が痛くなったと言っていました。

そんな新次郎が、千代に言われわけでもないのに、社長を引き受けたのが謎です。根底には、千代の言葉があったのでしょうか‥ やっぱり謎です‥

≪ あさが来た 93話 | あさが来た 95話 ≫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする