あさが来た 93話 新次郎の雁助への恩返し

朝ドラ『あさが来た』93話のあらすじと感想です。

雁助はうめに一緒に加野屋を出ないかと言いました。驚いたうめはあとずさりし、かまどの鍋をひっくり返してしまいました。雁助はうめを助けましたが、自分が火傷を負ってしまうのでした。

【うめと雁助の約束】

雁助の悲鳴に駆けつけた弥七に、雁助は軟膏を取りに行かせ、また二人きりになった雁助は、うめに今の話は嘘だと言って、ないことにしようとしました。

すると、うめはどこにも行かないことを念を押し、雁助はちゃんと銀行になるまで、どこにも行かないと約束するのでした。

【銀行開業を目指して】

榮三郎は、店の者達に、加野銀行の看板を上げる事にすると報告しました。加野銀行は三年後の開業を目指します。

銀行の説明が一通り終わると、榮三郎はあさに挨拶を求めました。あさは店の者達の不安を察した上で、皆が頑張れば、きっと成功すると元気づけました。

あさの挨拶が終わると、榮三郎は加野炭坑についても、会社にすることを付け加えました。新次郎はあさが相談したかったことが、このとき気づくのでした。

【新次郎の雁助への恩返し】

新次郎は雁助に、辞めるつもりなのか聞きました。雁助は加野屋が銀行になったら奉公するものがなくなると言いました。

すると新次郎は自分のことだけを考えて、もし出て行くのなら、店が出せるくらいのお金を用意させてもらうと約束するのでした。

すると雁助は、これがあさの人を見る目なのかと感心するのでした。

【新次郎、社長を頼まれる】

雁助があさの人を見る目とは、新次郎に炭坑をはじめ、色々な会社の社長になってもらうことでした。

新次郎はあさがやれば良いと言いましたが、政府が女社長を許さないことや、新次郎が大阪商人に好かれている点、榮三郎やよのも賛成してくれている点などを上げました。

それでも新次郎が拒んでいると、仕事は今まで通り自分がやるので、社長を引き受けてくれるように頭を下げるのでした。

【五代倒れる!】

それでも承知しない新次郎に、あさは五代が「新次郎が社長になるのは良い考えだ」と言っていたことを話すと、新次郎は身を乗り出して、何て言ってたか聞くのでした。

あさの話を聞いた新次郎は、五代を訪ねて大阪商法会議所に来ると、騒ぎが起こっていました。新次郎が気になって奥に行くと、ソファーの上に倒れている五代がいたのです。

【あさが来た 93話の感想】

今回の新次郎の社長就任話を聞いて、なぜか政治家の世襲問題を思い浮かべました。

日本でも時々問題に上がる政治家の世襲制。問題にはなるのですが、根強く世襲政治家が選ばれるのは、何をしたかではなく、誰の子どもなのかが重要視されているのでは?と勘ぐってしまいます。

いや~、話がかなり飛躍してしまいました。新次郎が社長になることが問題だと言っているわけではありませんよ。むしろ新次郎のような人格で、あさのように実行してくれる政治家がたくさんいたらな~と思っているだけです。(^^)

≪ あさが来た 92話 | あさが来た 94話 ≫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする