あさが来た 80話 ふゆの縁談相手が父とともに現れる

朝ドラ『あさが来た』80話のあらすじと感想です。

ふゆの縁談相手がまた加野屋の前に現れました。あさ達に自分の姿が見つかると、そそくさとたちさっていきました。一方、亀助はふゆに『本当にお嫁に行ってしもうて良いのか?』と尋ねるのでした。

【自分の気持ちが言えない亀助】

亀助は、想う人がいるのに、親の決めた縁談相手と結婚していいのかと、ふゆに問い詰めました。

しかし、諦めつけていたふゆにとって、亀助の言葉は心が揺らいでしまう何者でもなかった。そのためふゆは亀助に向かって『番頭さん、いけずだす!』と叫んでしまうのでした。

するとふゆの言葉に触発された亀助も『あんたのことを想っているからや!』と、つい言葉に出てしまったのでしたが、すかさずお兄ちゃんだからとゴマかすのでした。

するとふゆは何も言わずお辞儀をすると、立ち去っていってしまうのでした。

【ふゆの父が縁談相手と‥】

山本平蔵・あさが来た

新次郎が年始参りから、酔っ払って帰ってくると、うめが慌てながら、ふゆの父親が挨拶に来たと駆けつけてきました。

ふゆの父「日野彦三郎」は、縁談相手の山本平蔵を連れて、よのと新次郎、あさと新年の挨拶を済ますと、ふゆは幼いころ、疳の虫が強く、犬猫のほうがマシだったと話すような人でした。

その場に、ふゆが現れると彦三郎はさらりと挨拶を交わし、山本はふゆの姿を見た途端に笑顔が溢れるのでした。

【亀助をけしかける新次郎】

新次郎は、店で働いていた亀助に、縁談相手の感想を話して聞かせました。新次郎から悪い人ではなさそうなことやふゆに相当惚れ込んでいることを聞くと『そうだすか』とだけ答えました。

無関心を装っていた亀助でしたが、小正月には嫁に出すと聞くと、思わず『そんなに早く出すか!』と驚くのでした。

しかしそれでも帳簿の写しを止めない亀助に焦れた新次郎は、帳簿を閉じて、このままで良いのかと亀助をけしかけるのでした。

【大阪商人たちの年始】

そのころあさと榮三郎は寄合所に来ていました。大阪経済の功労者である五代が現れると、五代の周りには大阪商人が群がりました。

そんな様子を持て余した五代は、外に飲みに行くことを提案し、美和の店にみんなを連れて行きました。

やっとあさと二人で話せるようになった五代は、あさとの東京の出来事や、大阪商法会議所の設立について語りました。そして大阪商法会議所の設立には、立役者がいるのだと話すと、その立役者本人が現れるのでした。

【あさが来た 80話の感想】

今回もやはり亀助とふゆに注目でしょう。しかし、この期に及んでもまだ、ふゆに自分の気持ちが伝えられない亀助に、やきもきしてしまいます。

そんな亀助の態度に、新次郎も亀助をけしかけますが、亀助の反応はいまいちです。しかもそんな新次郎の粋な計らいに、新次郎に惚れ込んでしまう亀助。

あんたには、そんな余裕ないだろ?亀助さん?

≪ あさが来た 79話 | あさが来た 81話 ≫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする