あさが来た 60話の感想 妊娠で賑わう加野屋とつわりに苦しむあさ

朝ドラ『あさが来た』60話のあらすじと感想です。

炭坑の仕事中に気分が悪くなるあさ。心配したカズがあさを見た途端、ややこができたことに感づくのでした。

【あさの妊娠に大慌て】

あさは自分に子どもができたことに驚いています。亀助は急いで加野屋に出す文を書き始めます。

そして知らせを受けた新次郎は、寄合所から走って加野屋に戻りました。子どもを諦めていた新次郎は喜び、店の者たちもめでたい出来事に賑わっていました。

【嬉しい新次郎と悲しいふゆ】

そのすぐ後、雨が降ってきました。廊下に座っているふゆに新次郎は『ワテ嬉しいことがあると雨が降りますのや』と話しかけました。

しかし、嬉しそうな新次郎を見るふゆの目は悲しそうでした。ふゆの様子に気づいたうめが、まだ新次郎のことを諦めていないのかと聞くと、ふゆは逃げて行ってしまいました。

【うめの恋心に火をつける雁助】

その様子を大番頭の雁助が見ていました。どうやら雁助はふゆが新次郎を好きなことに感づいていたようです。
うめがふゆの年頃の恋は、熱病のようで冷まそうとしてもなかなか治らないと話すと、雁助がうめときの恋を伺ってきました。

しかしうめが今井に奉公したときに恋とは縁を切ったと話すと、雁助は『勿体ないこっちゃ』と声を漏らし、恥ずかしそうに行ってしまうと、うめも嬉し恥ずかしそうにするのでした。

【帰って来ないあさ】

あさの妊娠で加野屋中が賑わっていました。よのは訪ねる奥様たちに言いふらし、正吉と新次郎は、各々祖父と父親になるのだとほくそ笑んでいました。

しかし、当のあさは一向に帰ってきません。終いには手紙で、仕事が片付いてから帰ると連絡してきて、新次郎たちを呆れさせてしまうのでした。

当のあさは納屋主のサトシのことが気がかりで帰る気がしませんでした。あさの感が当たっていたのかサトシは組の坑夫たちにあさが来られなくなれば、仕事がやりやすくなると話すのでした。

【あさの出産秘話に驚く】

そのころ、和歌山に移り住んだはつのもとにも、あさが妊娠した知らせが届きました。はつのほうも土地に慣れ、二人目の養之助が生まれ、藍之助もすくすくと育っていることを手紙に綴り、加野屋に送りました。

新次郎がはつの手紙を楽しそうに読んでいましたが、追伸を読んで顔色が一変します。そこには、今井の母が自分たちを産むとき、つわりが酷く産むまで死ぬような思いだったと書かれていたのです。

【あさの連れ戻しを志願する】

正吉とよのもなかなか帰って来ないあさに苛立っていました。そこで正吉はついに、うめにあさを連れ戻すように命じます。

うめが戸惑っていると、そこへ新次郎が現れ『ワテが行こう』と名乗りを上げたのです。新次郎が八代目となった弟に許しを請うと、榮三郎からも改めて連れ戻すように頼まれました。

そして、その見たこともない新次郎の凛々しい姿に、一同は歓喜の声が上がるのでした。

【あさが来た 60話の感想】

とうとう妊娠したあさ。ドラマの流れから、もう一度新次郎が炭坑に来る気がしていましたが、まさかあさを連れ戻すために、新次郎自ら炭坑に来るとは思っていませんでした。

しかも今度は、籠を使わずに自分の足で炭坑に向かいます。この新次郎の行動にあさはびっくりポンと産んだりして…

これは冗談ですが、いよいよサトシと新次郎が再会します。はたしてサトシと新次郎は十歳のときの幼なじみなのかどうか。この点が見どころだと思います。

≪ あさが来た 59話 | あさが来た 61話 ≫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする