あさが来た 59話 新次郎があさを選んだ理由とは?

朝ドラ『あさが来た』59話のあらすじと感想です。

大阪最後の日、はつは思い切って新次郎に、なぜあさを選んだのか理由を聞きました。はつは許嫁が入れ替わったことを知ったときから、それが運命だと自分に言い聞かせるも心の奥でず~っと引っかかっていたのでした。

【新次郎があさを選んだ理由】

新次郎は『何でやったんやろな』と言って、昔父親からラクダの話を聞いたことを語り始めました。

そのラクダの話を聞いていたら、どうしても会いたくなって、会わせてくれと母親にせがんでいたら、丁度その頃、京都に行ったら、小さな女の子が頭にカエルを乗せて走り回っていたのがあさだった言うのです。

新次郎は『それを見たら、ラクダが見られなくても、この子を見たら面白いなぁ』と思ったと言い、あさを選んだのに理由があるとしたら、ただそれだけだと答えるのでした。

【はつに応援される新次郎】

しかし新次郎は、そのうちあさに置いて行かれそうで不安になるとも語るのでした。

すると、はつはあさが今ようなことがしていられるのは、旦那様が新次郎だからだと言いました。また新次郎があさを認めてくれているから自由に羽ばたけているのだとも言いました。

だから自信を持ってほしいこと、あさのこと、そして西洋帰りの人に負けないことをお願いするはつでした。

【姉妹の大阪最後の夜】

大阪でともに過ごす最後の夜、あさたちは、京都の今井家にいた頃を思い出していました。そして小さかったお互いが、女商人になり、母親になっていたことに驚いていました。

すると突然はつが、ず~っとあさに焼きもちを焼いていたことを打ち明けました。するとあさは、いつも叱られるのは自分で、自分のほうこはつに焼きもちを焼いていたと言い返します。

しかし、はつは今はもうあさは立派な大人だと教えます。あさはもう自分が子どもではないことを再認識し、はつに『お互い精一杯幸せになろな』に言われたあさは、はつの胸でおもいっきり泣いてしまうのでした。

【別れの朝】

そして夜が明け、別れの朝が訪れました。加野屋の前には、惣兵衛達がはつ達を迎えに来ていました。

はつはあさに『ほな、またな』と言って出発しました。

時は流れて、あさは加野炭坑で働いていました。あさは炭坑の女子たちに、みんなが掘った石炭で陸蒸気が走っている説明をしていると、急に胸の辺りを押さえて倒れてしまいました。

するとカズが『奥さん、あんたもしかして!』と何かを感じるのでした。

【あさが来た 59話の感想】

とうとう、はつが大阪を旅立ってしまいました。ナレーションでは、このあと二人が再開するのは、随分先だと語られていましたが、その後のナレーションで『時は流れ』と言っていました。

はたして、この後はつと惣兵衛は、しばらく出てこないのでしょうか?それとも「時は流れて」の意味は随分時が経っていることで、さほど経たないうちにまた出演するのでしょうか?

長い間、はつと惣兵衛たちが出てこないと、面白さが半減してしまうので、早く出演してほしいですね。

≪ あさが来た 58話 | あさが来た 60話 ≫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする