あさが来た 58話 あさとはつの琴の二重奏

朝ドラ『あさが来た』58話のあらすじと感想です。

大阪最後の日、はつは藍之助を連れて、加野屋に泊まりにきました。新次郎は、藍之助に会えなくなるのが寂しくて、最後にもう一度だけ「お父ちゃん」と呼んでくれるようにお願いするのでした。

【あさの焼きもち】

新次郎が藍之助との別れを惜しんでいると、亀助が慌てて駆けつけてきて『例のお三味線の…』と言いかけると、新次郎は亀助の言葉をさえぎりました。

そして新次郎は、はつに藍之助を渡すと遅くなるかもしれないと言って出て行ってしまいました。

新次郎の様子と亀助の三味線という言葉から、きっと三味線のお師匠さんのところへ行ったのだと、あさは焼きもちをやくのでした。

【ファーストペンギンに憧れる美和】

ところが、そのお師匠さんの美和は、寄合所に来ていました。美和が新次郎に会わせてほしいと頼んだ相手とは五代友厚だったのです。

美和は大久保利通とのお座敷の席で、五代が言っていた大阪商人が気さくに集まれる場を、自分ができないだろうかと提案しにきたのです。

それは、五代が好きな女子と同じようなファーストペンギンになってみたいという美和の企てがありました。

【琴の演奏をせがむあさ】

あさとはつの会話が途切れることなく続いていました。その後おやつを挟んで、はつが藍之助と一緒にいるとあさが琴を持ちだして、はつに弾いてほしいとせがみました。

すると、はつはその琴はあさの琴で、自分の手もすっかりお百姓の手になっていて、こんな手で琴を弾くなんてできないと拒んでいました。

そこへ新次郎が大きな包を脇に抱えて、息を切らしながら帰ってきたのです。

【姉妹の琴の演奏】

新次郎が包を開くとそこには、はつの琴がありました。驚いたはつが『なんで?』と聞くと、新次郎は惣兵衛から探してもらえるように頼まれたというのです。

二度と目にすることがないと思っていたはつの顔に笑みがこぼれ、深くお礼をいうと、新次郎は二人の琴を聴いてみたかっただけだと言うのでした。

あさとはつの琴の演奏が始まりました。新次郎を始め、一緒に琴を探しに行った亀助、うめとふゆ、藍之助が。そして、はつの琴を一番聴きたがっていた惣兵衛が店の外で聴き入っていたのでした。

【はつの質問】

そしてはつはとうとう大阪最後の夜を迎えようとしていました。

はつが新次郎に礼を言うと、新次郎は琴は和歌山に持って行ってほしいと言いました。はつが拒んでいると、新次郎は『後生だす。持って行っとくなはれ』と言ってお願いするのでした。

はつがやっと承知すると、新次郎が藍之助に会いに立ち上がると、はつが新次郎を呼び止めて、一つだけ聞きたいことがあると言うのです。

新次郎が優しい声で『何だすやろか?』と聞くと、はつは『何で新次郎様はあさを選びはったんだすか?』と新次郎の目を見つめるのでした。

【あさが来た 58話の感想】

各々が新しい道へと旅立つめでたい門出ですが、そのための別れと言えども、甘く切ない別れでした。明日になれば、おいそれと会えなくなるだけに、それぞれの人達の想いもひとしおでしょう。

だからでしょうか?思い切って、新次郎に許嫁にあさを選んだことを聞いたはつ。はつにそう聞かれた新次郎の顔が一瞬険しくなったような気がしましたが、はたして新次郎はなんと答えるのでしょうか?

率直に考えれば、お転婆だが元気なところですが、もしかしたらまだ語られていないエピソードがあるのかもしれませんね。是非次回を楽しみにしたいと思います。

≪ あさが来た 57話 | あさが来た 59話 ≫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする