あさが来た 56話 榮三郎とあさの襲名披露!?

朝ドラ『あさが来た』56話のあらすじと感想です。

和歌山行きに駄々をこねる菊に、はつはお母様が思っているほど惣兵衛は弱くないと、ぴしゃりと言いました。そして、今回だけは惣兵衛の言い分を聞いてほしいとお願いするのでした。

和歌山行きの決定

はつに言われた菊は外に出て行き、惣兵衛のことは自分が一番わかっていて、店が潰れたのも惣兵衛だけのせいではないと言うのでした。

それを後をついてきた栄達が、相槌を打ちながら、菊に子どもたちを信じてみようと言うのでした。

そのころ、はつはでしゃばったことを言ってしまったと反省していましたが、栄達から『出立はいつにしますのや』と聞かれ、はつと惣兵衛は顔を見合わせて微笑むのでした。

亀助の愛しい人

そのころあさは、襲名披露の案内状を書くのに大わらわでした。その隣で手伝っていた亀助がため息をつきます。自分の大番頭になる夢が遠のいたからです。

その考えにはつが驚いていると、亀助は、自分だって大番頭になって世帯を持ちたいと気持ちを明かしましたが、雁助はもっと気落ちしているはずだと言います。

そこへ雁助がやってきて、気落ちしているのは亀介の方だとやり返します。なぜなら、亀助が一番気にしているのは、嫁が貰えるかどうかで、今愛しい人に浮き足立っていることまでバラしてしまうのでした。

そこへふゆがやってきて、亀助ににおい袋をもらった礼を言って行きました。これで亀助が好きな人がふゆだとわかったあさから『まさか!』と問いつめられた亀助は、そそくさと逃げて行ってしまいました。

襲名披露に出席するあさ

襲名披露の当日。あさはよのから正吉から襲名披露の席に、女性であるあさも並ぶようにと伝えられました。

大阪商人が集まる中、八代目加野屋久左衛門の襲名披露の式が始まると、まずはあさが現れ、居並ぶ大阪商人の数と雰囲気に圧倒され、息を呑みます。そしてあさのあとに、新次郎、榮三郎、正吉の順で現れました。

いよいよ、襲名披露の式がはじまりました。

あさが来た 56話の感想

襲名披露にあさまで出席することに、本人はびっくりしてましたね。

通常ならば、襲名披露の席に女性が出てくることなんてありえず、襲名披露に呼ばれた大阪商人からブーイングが飛んでもおかしくないかもしれません。

しかし、それはもう『加野屋の四男坊』とか『加野屋の嫁には髭が生えている』とか言われているあさですから、もうお膳立てが整っていますから。

大阪商人たちからはブーイングは出ずに『やっぱりそうか!』とか『さすが四男坊!』とか言われて、逆に応援されるかもしれません。(笑)

≪ あさが来た 55話 | あさが来た 57話 ≫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする