あさが来た 54話 あさは新次郎、惣兵衛ははつ、亀助はふゆの基へ

朝ドラ『あさが来た』54話のあらすじと感想です。

炭坑の事務所で、あさは夢を見ていました。しかし夢のなかに現れたのは、新次郎ではなく五代友厚だったのです。

五代はあさにペングイン(ペンギン)の話をはじめました。中でも危険な海の中に真っ先に飛び込むペンギンをファーストペンギンということを。

五代が夢のなかに

五代は、あさにファーストペンギンの話を続けます。ファーストペンギンは勇敢だが、最初にチャレンジするものにはリスク(危険)があること。しかし誰かがそれをしなかったら、食べ物を見つけられず前に勧めないことなど。

そして加野屋がすぐに潰れてしまうと思っていたが、加野屋にもあさというファーストペンギンがいたことも。
それだけをあさに告げると、五代は目の前からいなくなってしまいました。

あさが急いで表へ出ると、亀助が駆けつけ来て言いました。『五代様が馬で走って行きはりましたで』と。そう、五代は夢ではなかったのです。

新次郎の名を呼ぶサトシ

翌朝、あさはサトシの納屋の外からサトシに呼びかけました。これから大阪に一旦帰ること、言葉が足りずに不愉快な思いをさせたことを。

しかし、炭坑の改革が坑夫たちのためになることに自信があること告げ、もう一回考えてほしいとお願いするのでした。

あさが、納屋から立ち去ろうとすると、中から『新次郎さんは元気ですか?』とサトシの声が聞こえてきました。あさは『今なんて?』と驚きましたが、亀助が迎えにきたため、大阪に旅立ってしまいました。

あさのための浴衣の会

加野屋に着いたあさ。亀助は真っ先にふゆの前に立ち『ただいま』と挨拶しました。そんな姿に呆れる雁助と笑ってしまううめ。

あさは新次郎に真っ先に会いに行き、帰るのが遅くなったこと、長い間家を空けていたことなどを謝りました。謝りつづけるあさに、新次郎はあさの口をつぐみ、ただ『おかえり』と言って帰りを喜ぶのでした。

夜が更け、新次郎は三味線を片手に凛々しい姿であさの前に座っていました。これは浴衣の会に来られなかったあさのために、三味線を弾き聴かせてあげるためでした。

帰るべき場所に戻ってきた人たち

あさは、加野屋に戻ってはじめての朝を迎えていました。

惣兵衛もまた、はつの家に戻ってきました。まず藍之助が惣兵衛に駆け寄っていきます。

びっくりして何も言えないはつに、惣兵衛が『すぐに帰ってくる言いましたやろ』と言って、山で猪にあってしまい帰りが遅くなったと説明しました。

どこに行っていたのか検討がつかないはつに、惣兵衛は一個のみかんを手渡し『和歌山や』と言うと、はつの顔が笑顔に変わったのでした。

正吉の引退宣言

店の者たちが、一つの部屋に集まっていました。正吉が店のみんなを呼び集めたのです。そして正吉が現れて、『今日から加野屋の身代を譲ることにした』と発表があったのです。

つまり隠居すると言うのです。そして正吉が『そこで、儂に代わって加野屋の身代を継いでもらうのは…』と言うと、その言葉に誰もが耳をそばだてるのでした。

あさが来た 54話の感想

今回は、ほのぼのしてしまう出来事ばかりでしたね。あさは新次郎のもとに、惣兵衛ははつのもとに。そして亀助はふゆのもとに(笑)

亀助が帰ったときのふゆの顔を見た限りでは、亀介のこともまんざらでもないような気がしますが、どうなんでしょうか?

多分、あさが新次郎に会いに奥の部屋へ向かったあとは、あさに対する嫉妬で亀助の相手なんて、すぐに放っておいてしまった気がします。

がんばれ、亀助!おいらはお前の味方だぜ!!

≪ あさが来た 53話 | あさが来た 55話 ≫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする