あさが来た 50話 炭坑の改革に親分の次郎作も苦笑い

朝ドラ『あさが来た』50話のあらすじと感想です。

あさが大阪から炭坑に戻ってみると、亀助がいけ好かない納屋頭が一人いて、その組だけ石炭の量が少ないというのです。これをきっかけに、あさは納屋頭が坑夫たちの上前をハネている現状を知り、坑夫たちの生活を楽にしようと炭坑の改革に乗り出すのでした。

炭坑の改革

亀助と宮部から、坑夫の上前や道具、日用品の売上を、納屋頭がピンハネしている現状を知ったあさは、親分の次郎作に、改革を相談しました。

あさの案は、石炭の量に併せて褒美を与えたり、給金や道具なども加野屋から直接坑夫たちに売るというものです。

次郎作は、納屋頭の仕事を奪うことになると反対しましたが、妻のカズは、あさの話に笑顔です。しかし、みんなの視線が自分に注がれると、慌てて表に出て行ってしまいました。

あさが、カズを追いかけて出て行ってしまうと、残さた次郎作は『参ったのう』と言って笑い、次郎作の意外な反応に驚く亀助と宮部でした。

生き方の違い

あさが自分の考えに意見を求めると、カズはありがたいに決まっているが、誰も納屋頭には逆らえないと言います。

またあさの言う夢は余裕のある人の言うことで、炭坑のように危険と隣り合わせの生き方をしている者にとっては勝手が違うというのでした。

和歌山を話し合う

そのころ大阪では、菊が和歌山への移住に猛反対していました。菊はいつか惣兵衛が山王寺屋を立て直してくれると思ったから、こんな生活にも耐えてきたと言うのです。

山王寺屋から頭が離れられない菊に、とうとう惣兵衛もキレてしまいますが、今回の菊は一向に引こうとせず、どうしても和歌山に行くというなら、親子の縁を切るとまで言うのでした。

頭にきた惣兵衛が家から飛び出すと、はつが追いかけました。惣兵衛は母親の言いなりだった自分も悪いが今回ばかりはそうは行かないと固い決意を表すのでした。

大事な客

新次郎は、三味線の稽古で師匠の美和のところに来ていました。新次郎が日々の暮らしを十分楽しませてもらっていると話しますが、美和から『本当は寂しいくせに』と言われ、心の中を見透かされてしまいます。

美和は話題を変え、久々にお座敷に上がる話をしてきました。意外に思った新次郎が理由を聞くと、昔世話になった人に頼まれて、大事な客が来るというのです。

大事な客と言う言葉に、ことのほか興味を示す新次郎でした。

あさが今まで話せなかったこと

九州では、あさと亀助が炭坑の手伝いをしていました。亀助があさの様子がおかしいことに気づき声をかけますが、あさからしんどいなんて言っている場合ではないと言われてしまいます。

あさが今回は新次郎のために早く帰ろうと思ったが、そうも行かないと愚痴をこぼすと、亀助もこんなんでは嫁探しもできないと愚痴をこぼしました。

そのとき、炭坑の女が背負っていた子が泣き出し、あさはその子どもを眺めながら、亀助に『ほんまはうちな…』と何か思いつめたように話し始めるのでした。

あさが来た 50話の感想

炭坑の仕事から離れられないあさと仕事をしない新次郎。あさが九州に来るようになって、さらにすれ違いが生まれてきた二人。

ネタバレも含めてお話しますが、あさの様子がおかしいのは、妊娠している可能性があります。実は『あさが来た』のモデルである『土佐堀川』では、浅子が加島屋に嫁いで11年目の秋に、女児を出産しています。

つまり加野屋に嫁いで10年目のあさが今妊娠しているとすると丁度計算が合うのです。さらにドラマでは、それを示唆するかのように、炭坑の女が背負っていた子が泣き出します。

う~ん、この予想当たってほしいです。(^^;

≪ あさが来た 49話 | あさが来た 51話 ≫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする