あさが来た 49話 加野屋の嫁は髭を生やした四男坊

朝ドラ『あさが来た』49話のあらすじと感想です。

あさは、軌道に乗り始めた炭坑の責任者として、大阪と九州の間を頻繁に往復するようになっていました。仕事にのめり込むあさは、大阪で「加野屋の嫁は髭が生えている」とか「加野屋の四男坊」などと言われ冷やかしを受けるのでした。

あさへの禁句とは?

あさは寄合所に出かける前に、はつと藍之助の顔を見るため、はつの家に寄りました。そろそろ寄合所に向かおうとすると、入れ違いで惣兵衛が戻ってきました。

あさが惣兵衛に挨拶をして出かけると、惣兵衛は忙しそうなあさを見て、そのうち髭でも生えて来るんじゃないかと言います。

すると、うめは寄合所でも言われているので、それだけは言わないでほしいとお願いするのでした。

あさをさり気なく口説く

あさが五代に鉱山の悩みを打ち明けていると、数名の大阪商人が現れてあさを見るなり、加野屋の四男坊とか髭が生えているとか言って、冷やかしていきました。

その光景に五代は、大きな目で見れば男女に差はほどんどないと言うと、あさは『そうだすやろか?』と、日本の現状がそうなっていないことを嘆くのでした。

すると五代は『私がハズバンだったら、あなたにこんな肩身の狭い思いはさせない』と言って、さり気なく口説きますが、ハズバンドの意味がわからないあさは、キョトンとしてしまうのでした。

新次郎の幸せとは?

そのころ、加野屋ではよのが、新次郎が妾を作らないことを、正吉に愚痴っていました。しかし正吉の方は、あさの九州行きを許したときから、ややこは諦めていることを打ち明けます。

仕事を頑張っているあさに、子どもも産んでとは言われないというのです。それでも駄々をこねるよのを、正吉は一生懸命になだめます。

その二人の会話を廊下で聞いていた新次郎は、あさが『どうないかしはったんどすか?』と気にかけていると、『何もあらしまへんで』と言って、あさをその場から連れ出すのでした。

あさを抱きかかえて床の間に

部屋で二人になった新次郎は、道中を行き来する度に肩も足もパンパンになると言う、あさの肩を揉んであげました。

くすぐったがるあさは、それでも自分を女子と言ってアホにしたりしない炭坑の人たちのいる九州のほうが気が楽だと言います。そして読んだばかりの「学問のすすめ」のように、世の中がなっていないことを嘆くのでした。

一気に本を読んだせいか、あさは新次郎の胸の中で、いつの間にか眠りに落ちていました。新次郎は、仕方なさそうに、あさの手から本を取り上げて、あさを抱きかかえ、床の間まで連れて行きました。

和歌山の土地を話すはつ

そのころ、はつは惣兵衛に、母から借りた和歌山の土地について打ち明けていました。

それを聞いた惣兵衛は、お義母さんが儂ら一家に一歩を踏み出す機会をくれたんだと言って、証文に向かって礼言い、受け取るのが辛かっただろうはつにも礼を言いました。

しかし、惣兵衛が気になったのは、やはり母の菊がこの土地について、どう反応を示すかでした。

いけ好かない納屋頭

あさはまた九州の炭坑に来ていました。すると、亀助が事務所から出てきて、大喜びであさに駆け寄ってきました。

あさは、自分がいない間変わったことがないかと尋ねると、すると一転亀助の顔が曇り始め、いけ好かない納屋頭が一人いることを話し始めました。

≪ あさが来た 48話 | あさが来た 50話 ≫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする