あさが来た 24話 お金の調達を得たあさと断れたはつ

朝ドラ「あさが来た」24話のあらすじと感想です。

奈良の玉利家にお金を借りに来たあさでしたが、主には会えないとの面会を断られてしまします。一方、はつもまた、実家である今井家にお金の工面をお願いしに来ましたが、父の忠興からお金は出せないと断られてしますのでした。

あさを訪ねてきた五代才助に会う新次郎

加野屋に大阪府権の判事に任命された五代才助が訪ねてきました。大阪の港を開港する支度もあり、大阪に住むことになったため、あさに挨拶に来たというのです。

新次郎が、なぜあさを知っているのかと尋ねると、才助は『運命』と答えます。その言葉に興味を持った新次郎は、女中に酒の用意をさせました。

新次郎と酒を酌み交わした才助は、帰り際に『両替屋も大変なときですけど、どうか達者で生きたもんせ』と言って加野屋を後にします。

その言葉が、昔あさに言われた言葉と同じことに気づいた新次郎は、あさに会った薩摩の人間が才助だと確信するのでした。

玉利からお金の調達を得るあさ

奈良の玉利家まで来たあさは、玉利に会いたいのであればここで待てと、汚い馬小屋で猿を連れた旅芸人と一緒にされてしまいます。するとあさは『こんな汚いところではお猿さんも可哀想や』と掃除を始めるのでした。

翌朝、金を借りに来る輩にうんざりしていた玉利友信でしたが、女中から猿まで世話をした噂を聞き、あさに合うことにします。

玉利が瀕死の両替屋の返済方法を聞くと、あさは『世の中が変われば、その時代に合った新しい商いが出てくるので、加野屋はその新しい商売で儲けたい』と答えました。

あさの泳がない目を確かた玉利は、あさの度胸と意気込みを買って、無利子で金を貸すことにしたのです。

父にお金の調達を断られたはつ

一方、お金を借りるために、嫁の実家である今井家に着いた惣兵衛とはつは、主人の忠興にお金を用立てて欲しいと願い出ました。

しかし返していく目処がない山王寺屋にお金は貸せないと、忠興はきっぱりと断わります。娘の頼みを断った忠興に、妻の梨江は何とか貸してあげて欲しいと願いますが、今度ははつがそれを断ってきたのです。

はつは、喉から手が出るほどお金がほしいのに、どこかで断って欲しいと思っていたのは、せめてもの内らの誇りですと理由を述べたのです。

嫁ぎ先が入れ替えを初めて知る

帰りの道中、姉のはつに会ったあさは喜んで、どこに行って来たのかと尋ねます。はつはあさの言葉を遮るかのように『お互いに頑張ろうな、お父はんに言われたとおり、お家を守ろな』と言って行ってしまいました。

歩いていると、惣兵衛に『恨んでいるんやろ、儂の家を。加野屋のほうに嫁いでいたら、こうならへんかったって』と言われたはつは、呆然としてしまします。惣兵衛は、はつが嫁ぎ先が入れ替わったことを知らなかったのだと知り、すべてを打ち明けるのでした。

なぜ、あさとはつの嫁ぎ先が入れ替わったのか? ≫

あさが来た 24話の感想

新次郎というお荷物を抱えているものの、あさの活躍でトントン拍子でお金の調達に成功している加野屋はほぼ危機を脱しそうですね。

それに引き替え、はつの実家からもお金の調達を断られた山王寺屋は、頼みの綱も失くなって打つ手なしの状態になってしましました。来週の予告編では、どうやら夜逃げをするみたいですしね。

それと同じくらい心配なのが、嫁ぎ先が入れ替わっていた事実を知ったはつの心境です。もしかしたら、この後の展開に良からぬ影響をあたえるのではないでしょうか。

≪ あさが来た 23話 | あさが来た 25話 ≫

≪ あさが来た 第4週 若奥さんの底力

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする