朝ドラ「あさが来た」20話 ふゆに恋して鼻孔を広げる亀助

朝ドラ「あさが来た」20話のあらすじと感想です。

ふゆと出会ったあさは、はつの本当の実態を知り、ふゆに文を託します。しかし菊から疑いをかけられたふゆは逃げる途中で文を落としてしまいます。ふゆははつに誤りますが、はつは外の様子が気になり、自分の生き方が間違っていたのではと考えるのでした。

あさから文を託されたふゆ

ふゆに恋する亀助・あさが来た

宇奈山藩へお金の回収に行ったあさが門の前で粘っていると、はつのお付、ふゆに偶然出会います。久々の再会の喜ぶ、あさとうめ。そして亀助は、はつの可愛らしさにニヤけています。

あさはふゆから、最近はつが出かけていないことや文も書くことを禁じられていることを聞かされ、山王寺屋に居留守を使わされていたことや、はつの文も偽物かと思うのでした。

また、ふゆから店の使用人がどんどん辞めさせられていると聞いたあさは、はつが心細いだろうと、手ぬぐいにはつ宛の書をしたため、ふゆに託すのでした。

気持ちを切り替えるはつ

ふゆが山王寺屋に戻ると、女将の菊が待ち受けていて、加野屋から受け取ったものを出せと言ってきました。あさ達と一緒にいるところを番頭に見られていたのです。

何も持っていないとふゆが逃げると、店の使用人たちが追いかけ始めます。しかし偶然にもあさの文を井戸の中に落としてしまったふゆは事なきを得ます。

事のてんまつを知ったはつは、ふゆを気遣います。そして、あさがお金の回収に回っていると聞き、加野屋や世の中が心配になったはつは、周りの言うことだけを聞いてきた人生に疑問を持ち始めるのでした。

一歩踏み出したはつ

あさもまた、はつのことが気になって仕方がありませんでしたが、気持ちを切り替え、自分も頑張らなければと、また宇奈山藩のお金の回収に励みます。

一方、山王寺屋には今日も侍がお金を借りに来ていました。蔵にお金がないことを心配する惣兵衛に対し、栄達と菊は何か遭ったときは、必ず助けてくれると思い込むのでした。

そこへはつが来ました。何が起きているのか教えてほしいと真剣なはつに、惣兵衛が答えようとすると、菊が『あんたの役目は子を生むことだけだす』と、聞く耳を持ちません。惣兵衛もまた口を閉ざしてしまうのでした。

宇奈山藩に踏み込んだあさ

あさのほうも義母のよのから、世間から嫁に借金取りさせていると言われていると小言を言われていました。

そこへ外から店の中へ大きな石が投げ込まれます。時代の変わり目を迎え、世の中は殺伐としており、大阪経済の中心であった両替屋は様々な誤解を受け、世間の風当たりも強かったためです。

今日も勘定方は出かけていると言われたあさは、待たせてもらうと、門前で居座ることにします。困った侍は、あさたちを蔵屋敷の中へ通し、嫌がらせのように男の使用人たちがいる部屋で待つように言うのでした。

あさが来た 20話の感想

山王寺屋の相変わらずのはつの扱いに、ハラハラドキドキですが、今回一番気になったのは、やっぱり亀助ではないでしょうか?

ふゆに初めて出会った亀助は思わず『』と声を漏らしてしまいます。完全に一目惚れです。今までいやいやあさに付いて来ていた亀助だったようですが、これからは進んであさに付いて来るようになるのでは…(^^)

これまた、かなりの歳の差ですが、これからは亀助とふゆの恋の行方も楽しみですね。

≪ あさが来た 19話 | あさが来た 21話 ≫

≪ あさが来た 第4週 若奥さんの底力

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする