あさが来た 18話 ババァ菊がはつを蔵に閉じ込める!!

朝ドラ「あさが来た」18話のあらすじと感想です。

あさが加賀屋の貸付高を計算すると、その額はなんと九百万両!あまりの大きさに、正吉に回収を求めますが、急な取り立ては加賀屋の信用を失うと、意見を受け入れてもらえません。

あさは新次郎から山王寺屋がまずいらしいと聞き、山王寺屋に行きます。何度も今井家が来るのは、はつが文句を言っているせいだと疑いをかけ、菊は蔵に閉じ込めてしまうのでした。

貸付高の大きさに驚くあさ

あさは新次郎に大福帳を見せてほしいと頼みます。大名への貸付高を整理してみたいというのです。

毎晩床の間で、大福帳の整理に励むあさと大福帳を運ぶ新次郎。女将のよのは、毎晩一緒にいる二人に孫の顔が見れるのも近いと喜ぶのでした。

そして一週間をかけ、膨大な大福帳の数字をすべて入れ終えました。その額なんと九百万両!という途方も無い金額だったのです。

蔵の中が空っぽだった加賀屋

貸付高の大きさに驚いたあさは、新次郎に蔵の中を見せてほしいとお願いします。

昔よく蔵でかくれんぼしたもんだという新次郎。二人が蔵の中に入ってみると、千両箱が数個あるだけで、とても、かくれんぼできるような量ではありません。思わず新次郎は空き蔵と同じだと漏らしてしまいました。

あさは、蔵の状態を見て、帳簿のとおり、貸しつけたお金が帰ってきていないのだと確信します。そして、もし戦になったら貸し付けたお金がどうなるのか、心配するのでした。

貸付の回収をお願いするあさ

翌朝、あさは大胆にも女人禁制の場である店に乗り込み、義父で主人の正吉に、貸したお金を回収ないかとお願いします。

すると、正吉はあさの粋の良さをほめ反対に、取引先とは古い付き合いがあり、急に取り立てることは、相手を信用していないことになると諭すのでした。

あさも正吉の真心を理解して、出すぎた真似を謝るのでした。

蔵に閉じ込められるはつ

asa018b336

あさは、歌いに出かけるという新次郎から、最近惣兵衛に会っていないこと、山王寺屋が危ないという噂があることを聞き、山王寺屋に向かいます。

琴の音が聞こえたあさは、はつがいることを直感し、山王寺屋の中に入って行きました。

あさに気づきはつは店へ向いますが、菊に奥向きが店には出てはいけないと止められたうえ、今井家の者が立て続けに来るのは、はつが文句の文を送ったからだと、蔵の中に閉じ込めてしまいます。

その騒ぎに惣兵衛が駆けつけますが、菊に『出したらアカンで』と言われ逆らえません。はつが惣兵衛にもお願いしますが、惣兵衛は困ってその場を立ち去ってしまいました。

あさも店の者に、はつは出かけていると言われ、おかしいと思いながらも山王寺屋をあとにするしかありませんでした。

あさが来た 18話の感想

ババァの菊がはつを蔵に閉じ込めやがった!!

おい、惣兵衛!確か新次郎と飲んだとき、母親を殺してやろうと思っているって言ってたよな!あの意気込みはウソだったんかい!

母親に『絶対出すんじゃないよ』って言われて『へぃ』だと!そこは、はつを出してあげるのが夫の務めだろうが!一生母親にふんどし締めてもらうつもりか?

せっかく惣兵衛のことを見直しかけたのに見損なったぜぇ!

突然話は変わりますが、加賀屋の貸付高は九百万両。今の貨幣価値に換算すると一両は10~13万円ほどらしいですから、ざっと9000億円~1兆1700億円ということになります。しかも無担保だから恐ろしいですね。

≪ あさが来た 17話 | あさが来た 19話 ≫

≪ あさが来た 第3週 新選組参上!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする