頭文字D 高橋涼介のシビれる名言集1

カスぞろいだ!!

【2話】秋名山の練習走行を終え、啓介から地元チームの感想を聞かれ答えたセリフ。

いくら相手になりそうなにチームがないとはいえ、のちのカリスマ性のある涼介とは設定が異なり、このころの涼介は言葉が汚かった。

モンスターなのはクルマじゃなく‥ ドライバー‥?

【12話】啓介からハチロクに負けたことを聞いた涼介。

ハチロクを目の当たりにしても啓介のFDが負ける理由が見当たらなかった涼介が出した結論は、ドライバーがモンスターだということだった。

来たぞ!! シンデレラ城のミステリーツアー出発!!

【??話】唯一、涼介が言ったカッコ悪いセリフ。

ハチロクvs中里のGT-Rのバトルで、啓介にハチロクの走りを見せるため、自分のFCに乗せて2台を追いかけるとき、スタートでこうつぶやく。

頭文字Dで絶対的カッコ良さの涼介のため、かなり残念なセリフだ。

奴は進化している!!

【44話】拓海とのバトルで、ターンイン直後に大きめのカウンターをあてるクセがなくなっていて

ストレートで速い走り屋は初心者‥ コーナーを極めて中級‥ 上級者となればストレートでもコーナーでもない第3のポイントで差をつける‥

【46話】拓海とのバトルにて

【全文】ストレートで速い走り屋は初心者‥ コーナーを極めて中級‥ 上級者となればストレートでもコーナーでもない第3のポイントで差をつける‥

ハッキリ言えば!! 右コーナーが下手くそだってことさ!!

【116話】ジムカーナやいろは坂をホームコースにしている京一は、対抗車線を走る右コーナーで恐怖心を克服できていなかった。

涼介はその京一の欠点をつき、アウトから驚異的な進入スピードで攻めたあと、車体を京一のエボⅢにかぶせることでアクセルを踏ませずに追い抜いた。

202頭文字D 1コミック 2人 03涼介 n連番

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする