菅原文太のカッコイイ名言集

イニシャルDで使われた超~カッコイイ名言を集めた当サイト。

このページでは、名言の宝庫!藤原文太のシブくて、カッコイイ名言だけを厳選して集めてみました。

教えられて身につくもんじゃねぇよ 自分でつくるもんなんだ‥

【全文】10コ思いついたアイデアのうち 9つは使いものにならなかったが、それでも懲りずに走り続けたよ 技術ってなァ そういうもんだ 教えられて身につくもんじゃねぇよ 自分でつくるもんなんだ‥

【6話】レッドサンズとのバトルを、お願いしに行った池谷が文太から言われたセリフです。2、3日で身につくドラテクなんてない。トコトン考えて、走りこむしかないのは、伝説の走り屋・文太も同じだったんですね。

勝つね‥ GT-Rだろうがポルシェだろうが目じゃねえよ‥

【18話】GT-Rとのバトルを意識した拓海が、おやじなら勝てるか尋ねたときの文太のセリフです。拓海からこの話を聞いた文太は、拓海のためにハチロクのセッティングをいじることにするのです。

アクセルオンでドアンダー‥!!

【全文】ハチロクの足回りだけどな‥ 少しセッティングを変えたんだ‥
アクセルオンでドアンダー‥!! 今はそういう足だ‥

【21話】次の相手がGT-Rだと知った文太が、拓海に内緒でハチロクのセッティングを変えたことを、電話で祐一に説明したときのセリフです。拓海の腕を信じ、乗りこなせると自信満々で説明する文太がカッコイイ。

ハチロクはドライバーを育てるクルマだからな‥

【22話】あまりにも有名な文太のセリフ。このセリフの前に文太は、こうも言っています。

『シートに密着した腰から伝わってくる情報にアタマで考えて動くようじゃ遅いんだよ 無意識に手と足が動いてドリフトのコントロールってのはするもんだろ』

これから、ドリフトをするために必要な情報を、ドライバーに的確に伝えてくれるクルマだとわかります。また、ABSなどの機械制御などが少ない車ですから、ロック寸前のシビアなペダルコントロールも磨かれます。その点からも先生みたいなクルマと言えるでしょう。

ハチロクを見ればあいつがどんな走りなのか手にとるようにオレにはわかるのさ‥

【37話】慎吾とのバトルで板金修理から帰ってきたハチロクにGSの店長・祐一を乗せたときのセリフです。言葉数の少ない二人ですが、ハチロクを通して多くの言葉を交しているのがわかる‥そんな場面が思い浮かぶセリフでもあります。

その条件てのはな‥ 負けることだ

【84話】文太が、ハチロクに新しいエンジンを載せるために、拓海に出した条件。読者としてはあまりにも意外で酷な答えだった。文太は、拓海にパワーを上げることのありがたみや、マシンをギリギリまで追い込んでも勝てない悔しさを感じさせるために出した条件だ。

その他の登場人物のカッコイイ名言をお探しの方は、イニシャルDのカッコイイ名言集を御覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする